さっぽろ西町ハム工房で扱う食材は、その商品に適しているか香り・味・安全性などを職 人が確認し、厳選しています。
主原料となる豚・牛・鶏肉は北海道産を使用しております。中でもハム・ソーセージ に欠かせない豚肉には特にこだわりをもっています。

ハム・ソーセージ造りにとって最も重要な食材である豚肉。 北海道名寄市の指定農場で育てたひまわり畑ポークを一頭買いし、指定工場で骨から外しています。 高オレイン酸ひまわりの種を搾油したひまわり油粕を飼料に混ぜて育てており、脂に甘みがあり、肉質が柔らかいのが特徴です。



北海道産の牛を名寄・十勝にある自社工場で骨から外しています。加工品であっても、肉の品質は味を大きく左右する重要なポイント。鮮度にまで気を遣いたいという職人のこだわりから、作業者の顔が見える自社の原料を使用しています。良く運動をした乳牛の肉は赤身の色が濃く、味わい深いのが特徴です。



北海道中札内産の田舎どりを使用。鶏は皮つき・骨付きのまま加熱したり燻したりするからこそ、飼育環境に味が左右されやすい食材。保管用農薬不使用、遺伝子組換不使用の飼料に、酵素やヨモギ、海草等を混ぜて与えて育てており、脂が少なく、くさみが少ないのが特徴です。